Scrum Interaction 2022 組織を超え、ともに変革へ 組織変革の事例共有、参加者同士の議論を通じて学びを深める
“ワークショップ型カンファレンス”

会場:渋谷ヒカリエ 9F ヒカリエホール ホールA
日時:2022年922日(木)
9:30~18:00

ABOUT
EVENT

Scrum Interaction 2022は、

「組織をもっと生き生きとした場所にしたい。
働く人の幸せとイノベーションを両立する社会にしたい。」

そう願う、スクラムの実践者とスクラムをこれから実践する人が、スクラムチームとして参加するワークショップ型カンファレンスです。

1日のカンファレンスのなかで、スクラムを実践する組織の事例共有やパネルディスカッション、参加者同士の議論を通じて、共感をベースとした新しいつながりとアイデアを生み出していきます。

Scrum Interaction 2022に参加して、ぜひ変革の仲間に加わってください。

Scrum Inc. Japan Team

Scrum Interactionの特長

  • 国内外の最新の
    組織変革事例の共有

    • ・日本企業における変革成功事例を知る
    • ・海外企業における全社変革事例を知る
  • ワークショップ型
    カンファレンス

    • ・自らアウトプットすることで学びが深まる
    • ・自組織のゴール達成に向けて多様な視点や知識が得られる
  • スクラム実践者の
    ネットワーキング

    • ・経験者と初心者がOneチームで議論する
    • ・異業種間や登壇者との交流ができる
  • キーノートスピーカー:
    竹内教授からのメッセージ

    竹内 弘高 氏
    ハーバード大学経営大学院教授
    竹内 弘高 氏
    世界がコロナを経験し、ますますVUCAが加速するなか、今、最も大切なキーワードはAgile Scrumです。

    一方で、パーパスなど普遍・不変の要素も大事になります。

    「Scrum Interaction 2022」は、リーダーたちが集い、スクラム実践の知恵や、情熱を分かち合う場だと聞いています。
    当日はみなさんとVUCA時代における「二項動態」について語り合うことを、楽しみにしています!
  • 前回(Scrum Interaction 2019)
    参加者の声

    竹内 弘高 氏
    永和システムマネジメント
    Agile Studio プロデューサー
    木下 史彦 氏
    前回の Scrum Interaction では組織変革の海外事例を多く紹介いただき、たいへん参考になりました。その一方で「日本でもやれる!」「次は日本企業の事例を!」という気持ちを強くしました。そして3年を経て、今回の Scrum Interaction では日本のチェンジリーダーの方々から悩みながらも変革に取り組んでいる事例を共有いただき、そして、語り合えることをとても楽しみにしています。

SCHEDULE

Scrum Interaction 2022

  • 日時
    2022年9月22日(木)
    会場
    渋谷ヒカリエ 9F ヒカリエホール ホールA
    主催
    Scrum Inc. Japan
    住所
    〒150-8510
    東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 9F
    MAP
    参加費
    早割料金 33,000円(税込)※8月31日(水)まで
    通常料金 55,000円(税込)※9月1日(木)以降
    5名以上同時にお申し込みの場合、10%割引
    申込方法
    下記「お申し込み」ボタンよりお申込みください
    内容
    ジェフ・サザーランド博士が共同考案した、アジャイル開発手法「スクラム」は近年、イノベーション組織への変革のための手法としても着目されています。
    日本でも、LIXILや日本コカ・コーラを始め、様々な企業において、スクラムおよびScrum@Scaleによる組織変革が大きな成果を上げています。
    本イベントでは、最新の組織の変革理論やスクラム導入による組織変革の実現方法を、事例紹介・パネルディスカッション・チームディスカッションを通じて、学ぶことができます。
    対象者
    • ・アジャイルな組織への変革に興味を持っている経営層、部門長、新規事業責任者
    • ・スクラム実践者
    • ・スクラムコーチ・コンサルタント
    参加のメリット
    ・持続的なイノベーションに必要な最新の組織論の理解
    ・企業変革に成功したリーダーの知見を得ることができる
    ・スクラムの実践者や業界のリーダーとの交流
    スケジュール
    9:00 開場
    9:30 イントロダクション
    10:00 基調講演
    12:00 ランチ
    13:00 講演、パネルディスカッション、グループディスカッション
    17:00 ふりかえり
    18:00 終了(19時までは懇親のために会場をご利用いただけます)

    ※英語でのセッションには同時通訳がつきます

    ※スケジュールやプログラムは変更になる可能性がございます。予めご了承ください

PROGRAM

日時:2022年9月22日(木)

※日英・英日同時通訳あり

9:30 - 10:00

イントロダクション

チームビルディング

10:00 - 10:55

基調講演

竹内 弘高氏「タイトル(未定)」

テーマ:ビジネスアジリティ

世界がコロナを経験し、VUCAが加速する中で、今、最も大切なキーワードはアジャイル・スクラム

本講演では、VUCAの時代において、スクラムの起源である竹内氏の1986年の論文「New New Development Game」に立ち戻る重要性を、短期間でワクチン開発を実現したモデルナの事例を踏まえ、解説。

11:05 - 11:45

基調講演

JJ Sutherland氏
Avi Schneier氏「タイトル(未定)」

テーマ:アジャイル変革のグローバル動向

Scrum@Scaleの最新動向と代表事例を紹介。

John Deere
1835年創業の農業機械最大手John DeereはスクラムとScrum@Scaleを世界中に広がる同社のデジタル部門に導入。農業のデジタル化を推し進め、コロナ禍において過去最高の売上・利益を達成

アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABI)
世界ビール最大手ABIは、企業買収の結果、複雑なIT環境とカルチャーが成長の障害となっていた。Scrum@Scaleの導入により、全ITプロジェクトに優先順位を付け、IT投資のROIを飛躍的に向上

11:45 - 12:00

グループディスカッション

12:00 - 13:00

昼食

13:00 - 14:20

事例紹介
パネルディスカッション
グループディスカッション

朝比奈 ゆり子氏「タイトル(未定)」

テーマ:組織変革を始める

パーソルHDにおけるボトムアップ型の組織変革はなぜ成功したのか?

変革のリーダーと気鋭の経営学者によるディスカッションを通じ、経営層にアジャイルの推進者になってもらう方法など日本企業の組織変革の始め方の示唆を得る。

14:35 -15:55

事例紹介
パネルディスカッション
グループディスカッション

粕谷 大輔氏
(Chatwork)
「タイトル(未定)」

岡澤 克暢氏
(KDDIアジャイル開発C)
「タイトル(未定)」

テーマ:組織変革を広げる

ChatworkやKDDIは、どうやってレガシーシステムやアウトソース文化などの制約を乗りこえ、アジャイルな組織文化を確立できのか?

Chatworkはシステム刷新にScrum@Scaleを活用。KDDIでは社員育成によるエンジニアの内製化とグループ全体で1,000人以上の社内アジャイルコミュニティを運営。

本パートでは、各社の事例や識者の議論を参考にしながら、自社組織の制約をどのように乗り越え、変革を広げていくかのアイデアを広げる。

16:10 -16:50

事例紹介

グループディスカッション

登壇者調整中(SATORI)「タイトル(未定)」

テーマ:組織変革を根付かせる

SATORIは、なぜ、全社にスクラムを適用したのか?

マーケティングツールのスタートアップであるSATORIは、ソフトウェア部門にスクラムを適用後、マーケティングや営業、コーポレート部門などの非IT領域を含む全社にスクラムおよびScrum@Scaleを導入した。

企業全体をアジャイル/スクラムにすることの意義や実現に向けたハードルの乗り越え方を議論する。

17:00 -18:00

ふりかえり

18:00 -

ネットワーキング

※タイムスケジュール・内容・登壇者は予告なく変更する場合がございます。

SPEAKERS

TICKET

SPONSORS

Gold Sponsor

Silver Sponsor

Lunch Sponsor

CONTACT

参加申込みについてのお問い合わせは下記よりお願いいたします。
Scrum Interaction 2022事務局

SPONSOR募集中