なぜ、1年半で組織をアジャイルに変えられたのか
住宅設備機器・建材メーカーのLIXILのデジタル部門では2019年から、部門や企業規模でアジャイルな働き方を実現するためのフレームワーク、Scrum@Scaleを導入。約500人規模で現在も運用を続け、さらなる拡大を志向している。

なぜ、大規模な組織変革に踏み切ることができたのか。アジャイルな働き方を、どのように組織内に浸透させたのか。

アジャイルを組織全体に拡大する
小規模のチームにスクラムを導入できても、スクラムを部署全体・組織全体に拡大するフェーズでは、多くの組織が壁にぶつかる。
企業規模でアジャイルを実現するための秘訣は、何なのか。スクラムを組織に拡大させるフレームワーク「Scrum@Scale」を導入ポイントとともに解説する。
Scrum Inc. Japan設立にあたって
スクラムとは、一言で表すと『変容(Transformation)』です。チームを変容させ、チームを構成する個人を変容させ、生み出させるプロダクトを変容させます。そして、会社を変容させ、その変容した会社が一定の数に達すると、産業を変容させ、さらに国家まで変容させます。スクラムは、もはや世界的現象といえます。毎朝、この地球上で 1,500万人から2,000万人もの人たちが 『デイリースクラム』を行なっています。

提供サービス

スクラムの実践は難しいですが、基本はシンプルです。
アジャイル経験のレベルに関係なく、全ての人に向けて、スクラムのセミナーと導入支援サービスをご用意しています。

Scrum Inc.認定資格セミナー

スクラムの共同考案者であるジェフ・サザーランド博士によってつくられたスクラム研修を提供します。
スクラムの初心者も、熟練者も、私たちのスクラム研修を参加することで、働き方を劇的にスピードアップすることができます。

スクラム導入支援

Scrum Inc.認定資格セミナーのお客さまオフィスでの開催、チームの立ち上げ・バックログリファイメントワークショップ、スクラムコーチを提供しています。
新規チームの立ち上げや既存チームの改善にご活用ください。

Scrum@Scale導入支援

Scrum Inc.はこれまで、スクラムおよびScrum@Scaleの導入を通じて、世界中の組織をアジャイルな組織へと変革してきました。
組織のリーダーシップとスクラムチームが連携して、組織の真の可能性を引き出すことを支援します。

Scrum@Scale導入事例紹介

なぜ、1年半で組織をアジャイルに変えられたのか
住宅設備機器・建材メーカーのLIXILのデジタル部門では2019年から、部門や企業規模でアジャイルな働き方を実現するためのフレームワーク、Scrum@Scaleを導入。約500人規模で現在も運用を続け、さらなる拡大を志向している。
なぜ、大規模な組織変革に踏み切ることができたのか。アジャイルな働き方を、どのように組織内に浸透させたのか。

スクラム導入事例紹介

お客様に信頼され、愛される技術と製品の提供に向けて
自動車業界はいま、100年に一度の大変革の時代を迎えようとしている。クルマがハードウェアだった時代は過ぎつつあり、人工知能、ビッグデータといった技術が進化し、自動車会社もソフトウェア企業への変革が求められている。
そんな中、トヨタグループが自動運転のソフトウェア開発のために昨年立ち上げた新会社が、東京・日本橋のトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント 株式会社(TRI-AD)である。
開発期間の半減に成功したauでんきの選択
通常8ヶ月かかる仕事を4ヶ月で終わらせなければならなくなったら、あなたならどうするか?
2倍の人を確保する? 睡眠時間を削って、働く時間を2倍にする? それとも、納期を延ばしてもらうよう交渉をする? あるいは、その仕事を潔く断る?
「auでんき」のチームがこの課題に直面した時、上記のどの選択肢も取らなかった。