Scrum@Scale導入支援

ビジネス・アジリティの促進 – アジャイル変革 –

ビジネスの世界は今、劇的な変化の真っ只中にあります。今日の市場で生き残るためには、企業は競合他社よりも早く環境の変化に適応しなければなりません。市場をリードする企業は、常にイノベーションを生み出し続けなければなりません。

変化に抵抗しようとする従来型企業には危機的な状況ですが、変化を受け入れ、変化から新たなイノベーションを生み出そうとするアジャイルな企業にとってはかつてないチャンスとなります。

スクラムの共同考案者であり、Scrum@Scaleの考案者であるジェフ・サザーランド博士とScrum Inc.のメンバーはこれまで、スクラムおよびScrum@Scaleの導入を通じて、世界中のあらゆる業界のあらゆる規模の組織をアジャイルな組織へと変革してきました。

Scrum@Scaleの導入ステップ

組織変革のキックオフ

現地現物・リーダーシップワークショップ

  • 組織の状況と具体的な課題を評価・理解するための「現地現物」の実施
  • リーダーシップと協力して、組織の課題を可視化し、Scrum@Scaleの導入が組織の課題を解決するか議論する
  • 組織の変革を導くリーダーシップチームの立ち上げ
  • リーダーシップが率先してScrum@Scaleを実践することで、持続可能なペースでの段階的な組織変革が可能となる

初期の成功モデルの確立

変革のビジョンとバックログの策定

  • 変革のビジョンと組織デザインのゴールを議論し、変革のビジョンを実現するための実行可能なバックログを作成する
  • 立ち上げのためのパイロットグループを選択する
  • 組織の戦略的ビジョンをスクラムオブスクラム、そして、チームレベルのバックログへとリファインし、組織全体を共通の目標に向かって方向性を揃えながら、戦略と実行を結びつける
  • リーダーシップと協力して、組織の問題点や課題を発見し、解決する

パイロットチームの立ち上げ

  • パイロットチームを対象に、スクラムの役割、成果物、イベントについてトレーニングを行う
  • チームをハイパフォーマンスな状態に導くコーチングを提供
  • パイロットチームを組織変革の初期の成功モデルとし、さらなるチームの育成、立ち上げ、コーチングを行う

持続的なペースでのScrum@Scaleの拡大

チームの持続性を高める

  • スクラム実践者の社内コミュニティと社内コーチの育成を通じ、パイロットに続くスクラムチームもハイパフォーマンスな状態を維持する
  • 各チームのスクラムの実践状況を可視化し、チームの状態に応じて追加のフォローアップを行い、組織としてのビジネス・アジリティを継続的に構築する

あなたの組織と世界をより良くするために

私たちのアジャイル変革のプロセスは、あなたの組織のリーダーシップとスクラムチームが連携して、組織の真の可能性を引き出すことを支援します。

Scrum@Scaleの導入により、スクラムの価値基準である確約(Commitment)、集中(Focus)、公開(Openness)、尊敬(Respect)、勇気(Courage)が組織全体へと拡張され、活気にあふれたスクラムチームの成果が組織の成功につながる新たな文化的規範が確立されます。