• HOME
  • スクラム導入支援

スクラム導入支援

スクラム個別導入支援

スクラムの共同考案者であるジェフ・サザーランド博士によって設立されたScrum Inc.の手法に基づく、アジャイルコーチを提供します。
Scrum Inc.は世界を代表するアジャイルコーチの提供会社であり、世界中の企業において、組織の変革と支援を通じ、生産性と品質を向上させています。

サービスラインナップ

私たちアジャイルコーチは組織がスクラムのベストプラクティスの基礎を築き、真の学習する組織になるために必要なお客さま社内のエキスパートを育てる手助けをします。
私たちは、スクラムを使って半分の時間で2倍の仕事をどのように実現するか、また、プロダクトチームがハイパープロダクティブとなるためのスクラムのパターンをどのように実践するかを、リーダーシップチームに対して、コンサルします。私たちは、こうしたコンサルを通じて、世界中の企業が仕事の変革をすることを手助けしています。

Scrum Inc.認定資格セミナー個別研修

25名以上のグループ研修をお客様のオフィスで行うことも可能です。
私たちはお客さま企業の特別なニーズを理解し、ゴールを達成するための研修プランを考案します。

スクラムコーチ

Scrum Inc.の専門家と幅広いパートナーシップネットワークにより、スクラムチームの立ち上げや、スクラムの大規模化を支援するオンサイトのアジャイルサポートを提供します。

チーム立ち上げワークショップ

スクラムを始めるにしても、何から始めればいいのかわからないとお困りの方のために。
新しいチームの立ち上げが成功するための支援をします。

バックログリファインメントワークショップ

企業のビジョンからプロダクトのビジョンを定め、顧客の満足度を上げるために何をすべきか、ワークショップを通し、バックログの作成やリリース計画の合意などの支援をします。

コーチ紹介

荒本 実

Scrum Inc. Japan
代表取締役
スクラムトレーナー/スクラムコーチ

KDDIにおいてクラウドサービスの企画・開発などを経験。 組織、予算管理、承認などウォータフォール型であったKDDIのサービス企画開発プロセスへアジャイル(スクラム)を導入し変革した。現在は、Scrum Inc. JapanのCEOとして、あらゆる分野・業界において、組織を顧客の価値にフォーカスし、継続的な改善を通じて、お客さまビジネスの成果に貢献できるよう、スクラムの組織的な導入を支援している。

和田 圭介

Scrum Inc. Japan
スクラムトレーナー/スクラムコーチ

KDDIにおけるIoTビジネス・クラウドビジネスの立ち上げ、トヨタ自動車への出向などを経て、2019年4月より現職。KDDIにおけるスクラム導入、プロダクトオーナーとしての経験を生かし、主に大企業におけるスクラム導入を支援。スクラムの普及を通じて、日本中の働く人々が幸せになり、日本から新たなイノベーションが次々と生み出されるようになることを目指している。

Chloe O'Neil

Scrum Inc. Japan
スクラムトレーナー/スクラムコーチ

エンジニアとしてのキャリアを経て、アジャイルコーチとして活動中。現在Scrum Inc. Japanに所属。また、大手スポーツエンターテイメント企業で、プロダクトオーナーとして、事業の急成長に伴う様々な課題に取り組んだ実績もある。

米国マサチューセッツ州ボストン出身。日本人と米国人の父母の間に生まれ、日米両国で育ち、英語日本語共に堪能。多様性のある環境によって培われた柔軟性と順応性、さらに豊かな文化・言語のバックグラウンドが、Scrum Inc. Japanの貴重な財産となっている。チームワークを大切にし、日本において女性が活躍できる場を広げることに情熱を捧げている。

umezawa

木代(きしろ) 圭

Scrum Inc. Japan
ディレクター/スクラムトレーナー/スクラムコーチ

携帯電話へのJavaプラットフォームの導入、通信キャリアでのプラットフォームビジネスや協業サービスの推進、ネット銀行でのバンキングアプリの企画・開発などに携わった後、2019年より現職。
数多くのプロジェクトに従事する中で、エクセレントなプロジェクトには、スクラムのエッセンスが備わっていることを実感。
スクラムを通じ、現場の人たちが、楽しく無理なく働ける世界を目指し、トレーナーやコーチとして活動中。

齋藤 崇

Scrum Inc. Japan
アジャイルコーチ/スクラムトレーナー/スクラムコーチ

2006 年より永和システムマネジメントに勤務。
アジャイル開発手法の導入により、ビジネス側とエンジニア側が一体となって
事業に取り組む姿を目の当たりにし、感銘を受ける。こういった現場が少しでも増えるよう、
現職ではプロジェクトファシリテーション/チームファシリテーションやアジャイル手法の導入をサポートしている。